素晴らしきアジア


当サイトはアジアの素晴らしさ、アジアとはそもそも何なのかという"自分"の疑問に答えるため作りました。

そもそもアジアとは

アジア(亜細亜、Asia、英音は「エイシア」、日本語では「アジア」と音訳されている)は、アッシリア語で東を意味する「アス」に語源をもつ。

古代では、現在の小アジアを指したが、現在では一般的にヨーロッパを除くユーラシア (EuroAsia) 大陸全般を指すが、政治的・経済的な立場の違いにより、異なった様々な定義がなされる場合がある。 略称は亜である。

<データ>
面積:44,579,000 km2
人口:3,879,000,000 (1位)
人口密度:89/km2
住民の呼称:アジア人
国数:48

<概要>
現在ではユーラシア大陸のヨーロッパ以外の地域、つまり、アジア大陸(島嶼・海域を含む)であり、六大州の一つ。
ユーラシア大陸の面積の約80%をアジアが占め、人口は世界最多で世界人口の約60%がアジアに住んでいる。

アジアとヨーロッパの境界は、地理上の境界とヨーロッパ中心主義的な観点から見た人為的な境界が入り交じっている。地理上の境界は、ウラル山脈〜ウラル川〜カスピ海〜コーカサス山脈〜黒海〜ボスポラス海峡〜マルマラ海〜ダーダネルス海峡を境界とすることが多い。
なお、アフリカとはスエズ地峡を、オセアニアとはニューギニア島西方の海峡を挟んでいるため、この両地域とは地理的境界と人為的境界が一致している。

<「アジア」の語源>
紀元前8世紀から紀元前7世紀にかけての頃、古代メソポタミアのアッシリア人がエーゲ海の東を「アス」 asu (「東」「日の出」の意)、西を「エレブ」 ereb (「西」「日没」の意)と呼称したことにはじまるといわれ、のちに「アス」にラテン語の接尾辞「イア」 ia がついて Asia の語が生まれたといわれる。

 

☆☆☆☆
今後はアジアの急速な発展が期待できます。
日本人が金持ちだと思われるのは今のうちだけかもしれません。